結婚披露宴などの正式なパーティーや、ドレスコードが決まってい
る社交の場に、既婚の日本女性としてもっともふさわしい装いが
留袖です。
フォーマルスタイルという「ルールのあるお洒落」に、自分らしさや
今の気分をプラスして。
いまこそ現代のモダンなシーンにぴったりな礼装のお洒落を。

ワンポイントレッスン1
ワンポイントレッスン2
バック

全身の立ち姿を見てバランスを見まし
ょう。礼装用のバッグは素材感が大切
とされ、錦織や綴などの織ものもが正
式とされています。現代では様相のフ
ォーマルバッグを持たれる方も多くな
りました。

五ツ紋の入った留袖は、装う人の「家」を表すきものとして最も格式の高い装い。招
く側、招かれる側、お仲人、ご家族など、装う人の立場や格を考えて選ぶのはもちろ
んですが、最近ではフォーマルファッションとしてお洒落の幅も広がってきていま
す。晴れやかな祝事の心はそのままに自分なりの個性を表現してみませんか?

礼装用半衿

顔に近い衿元は意外と目立ちます。
基本の白衿のほかに、より華やかに装
いたいときには金糸の縫い取りやボリ
ュームのある刺繍白衿をさりげなく。

ヘア&メイク

フォーマルな装いを完成させるのは、
ヘアメイク。留袖は上半身に模様がな
いだけに、格調ある髪飾りを。
クラシックでアンティーク調なものも
いま人気です。

帯締め、帯あげ

帯〆、帯あげは白に金糸などを彩った
礼装用を。帯〆は平打ち、丸組みなど
いろいろありますが少し幅広のものが
おすすめです。またパールなどフォー
マル感のある宝飾のついた帯留など
で個性を表現してもおしゃれです。

このページの一番上へ

明治時代、一般的に、黒縮緬の紋付裾文様の振袖に白羽二重の下着を着るという花嫁姿が定着しました。
その振袖の袖を詰め、袖を留めて、「留袖」をとし、既婚の女性の第一礼装としたのが、留袖の始まりだとされています。
多様化する現代のフォーマルシーン。いまもう一度留袖を装う意味とそのお洒落が見直されています。

奈良時代から伝わる正倉院文様や平安貴族の
有職文様など、古くから伝わる古典文様をさま
ざまに組み合わせた礼装の袋帯。
個性を表現するコーディネイトの要になるの
はもちろん、引箔や綾織の技法など織の最高
峰と言われる西陣織の高度な技が魅力です。

奈吉祥の菊花を槍垣の中に配し
た、シャープな印象の逸品です。

華文と慶事の向かい鳩を安定感
のある構図で織り上げました。

能衣装などでよく見る蜀江華文
様を清楚な配色で表現した袋帯。

武将の大鎧の栴檀板(せんだんい
た)をイメージしたモダンな意匠。

留袖の意匠には吉祥文様が多く使われています。吉祥とは、良い兆し、目出度いしるしという意味でその意味を文様化した
ものが吉祥文様です。中国古代より伝えられ、長い歴史の中で日本に根付きました。そこには日本人の美意識や折り、願い、
厄除けといった幸せへの願いが凝縮されています。
代表的なものとしては、冬の寒さに耐え忍ぶ三種「松竹梅文様」。長寿を願う「鶴亀文様」「菊文様」。君子を表す「桐竹鳳凰
文様」。円満を願う「宝尽し文」など数多くあります。

菊花流水文様
熨斗目文様

紋はそれぞれの家に先祖代々伝わるもので、家紋といわれ
ています。生活に身近な草花や動物、器物などをシンプルに
デザインしたもの。平安時代の貴族たちが目印にしたことに
始まるとされています。背中と両袖と両胸に紋が入った略礼
装、そして背中一つ紋の順番になります。留袖は染め抜き紋
日向五ツ紋を入れます。

紋
このページの一番上へ